新築一戸建てを購入する際の注意点

新築一戸建ての上手な選び方

>

物件の状態によって注意点は変わってくる

すでに住宅が完成している場合

まず、すでに住宅が完成していれば家具の配置など入居後の生活もイメージしやすくなるというメリットが考えられます。
住宅の完成を待つ必要がないため、日数的にあまり余裕がないというような場合でもすぐに入居することができて便利でしょう。

ただ工事中の様子を見ることができないため、素人が欠陥を見抜くことはさらに難しくなってしまうという問題がでてきます。
そのような場合には、契約前に専門家によって住宅を診断してもらうこともできるようです。
さらに売買契約の際には、瑕疵担保責任についてしっかりと確認しておくといいでしょう。
それによって瑕疵が見つかった時の金銭的負担は回避できたとしても、その間は家に住めなくなってしまったり業者が出入りすることになるなど精神的な負担が懸念されますので、前もってきちんとチェックしておいた方が良さそうです。

建築中の住宅を購入する場合

まだ建物が完成していないような場合でも、モデルルームを設置したりしながら建売住宅を販売していることはあると思います。
第一の注意点としては、実際の建物がないのでイメージしづらい点もあるかと思いますが設計図や完成予定図などをしっかりと確認することと、信用できる業者であるかどうかを見極めることです。

建売住宅は基本的に間取りなどのデザインを変更することはできませんが、内装などのわずかな変更なら応じてもらえるかもしれません。
この点は建築中ならではのメリットだと言えそうです。

また、建築中ということですぐには入居できないというデメリットもあるようです。
工事の進捗状況によっては入居時期が大幅に遅れてしまうことも考えられますので、スケジュールに余裕が持てる場合に限った方がいいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る